AV女優募集・素人AVモデル募集・AV男優募集・AVプロダクション・AVメーカー・AVスカウトマン・撮影者・カメラマン・AV監督,AV業界求人掲示板 ログインしてください。

あばぶ avav.jp

【社会】AVプロダクション化する日本

【社会】AVプロダクション化する日本

C2b377694eb508a889c701b2856cd7ea s

AV業界に少しでも関心のある方であれば、2016年6月に大手AVプロダクション「マークスグループ」の社長がAV出演を強要したとして逮捕された事件を衝撃とともに記憶している方も多いだろう。
以降、2017年3月には、無修正動画配信の最大手「カリビアンコム」の動画制作に携わったとされる関係者5人が逮捕、そして今年2018年1月にAVプロダクション「ディクレア」の元社員、4月に「ロータスグループ」の元社員が、「出演強要」の容疑で逮捕されるなど、警察によるAV業界の締め付けが激しさを増している。
背景には、2020年東京五輪・パラリンピックに向け、国内のポルノ産業を浄化する狙いがあるとされる。
さて、これに似た状況に見覚えはないだろうか?
店舗型の風俗店が一気に激減した、「歌舞伎町浄化作戦」である。
2003年、当時の東京都知事・石原慎太郎により、大規模な風俗店摘発が行われ、風俗が東京の歓楽街から一斉に締め出されることになった。
この背景にあったのも、2016年の東京オリンピックの招致に向け「東京をクリーンなイメージに」という、ポルノ浄化運動である。
この結果、風俗が東京の街から駆逐されたかと言うと、否、法の規制を逃れたデリバリーヘルスという新しい風俗が隆盛することとなった。
いつでもどこでも、パソコンや携帯電話、スマートホンで風俗嬢を呼び出して性的サービスを受けることが出来きるこの「デリヘル」は、むしろ店舗型風俗より便利なことは誰もが認めることだろう。
つまり、ポルノ浄化運動により、逆に東京の街に風俗が拡大拡散し、言うなれば、東京という街全体が巨大な風俗街と化したのである。
AV業界も、AVプロダクション・AVメーカーの力が落ちるなか、「同人AV」に代表されるように、AVプロダクション・AVメーカーを通さない、個人やサークルによる新しいAVジャンルが主流になりつつある。SNS等のインターネットメディアの発達により、モデルの募集やファンの獲得も容易になった。機材をそろえれば、手軽に誰でもAVメーカーになれる。販路は、FC2等のアダルトコンテンツマーケットである。
警察当局がいくらAV業界を締め付けても、新しいAV製作の担い手達が、続々と新作をネットにアップしていく。それはあたかも、日本全体が巨大なAVプロダクション・メーカーになっているようだ。もちろん、作品が売れなければ、製作者も減っていくだろう。高齢化や草食化が進むなか、今後も新しいAVジャンルの隆盛が続くのか、「AVプロダクション日本」の今後に注目したい。
【参考文献】「デリヘルドライバー」東良美季著(駒草出版)

2018/11/22 22:25