AV女優募集・素人AVモデル募集・AV男優募集・AVプロダクション・AVメーカー・AVスカウトマン・撮影者・カメラマン・AV監督,AV業界求人掲示板 ログインしてください。

あばぶ avav.jp

大人のおもちゃ、アダルトグッズの専門店「大人のおもちゃ通販」

AV業界用語集

AV業界ならではの専門用語をご紹介。
面接で「スカ大丈夫っすか?」と言われて「?」と思いつつ思わず「はい」と言ってしまって後で後悔…なんてことがないよう、AV業界用語をしっかりお勉強しましょう!

あいのり
決定しているスケジュールにさらに入り込んでくること。
アオリ(あおり)
ローアングル。低いところから見上げる構図。
赤(あか)
生理のこと。
あご
撮影の際の「食費」。
アクメ(あくめ)
エクスタシー。オルガズム。絶頂。
あし
撮影の際の「交通費」。
後ピン(あとぴん)
カメラの焦点が、被写体より、後ろに合っていること。
アタリ・アタリを撮る(あたり)
アタリ撮影。タレント・モデルさんを立たせる前に、スタッフを立たせ構図・ライティングを確認したりすること。
アニリングス(あにりんぐす)
オーラルセックスの一種で、肛門に口をつけ舌や唇・歯などで性的刺激を与える行為である。アニリングスの語源はラテン語の anilingusである。
アフレコ(あふれこ)
無音で撮影後、後からセリフ・BGMを録音すること。
荒編(あらへん)
「荒編集(あらへんしゅう)」の略称。テープの内容を、おおざっぱに編集すること。
ありもの
撮影現場に元々あったものを小物、背景として使う。
アルファイン
SMホテルとして国内外に広く紹介され近年は昭和の薫りを残すレトロラブホテル。
生かす(いかす)
機材などの電源をONにする。
イキ(いき)
「残す」「アリ」という意味。
一般社団法人日本プロダクション協会(いっぱんしゃだんほうじん にほんぷろだくしょんきょうかい)
略してJPG。2016年の8月ごろから社会問題化し始めたAV出演強要問題を契機に、2017年4月に設立された業界団体。 契約書の整備・コンプライアンスの制定・面接や契約の可視化とルール化などにより、AVプロダクションの健全運営を目指している。
イマラチオ(いらまちお)
強制フェラの事。オーラルセックスの一種。
写りこみ(うつりこみ)
撮影に関係ないモノやスタッフが間違いでカメラに写りこんでしまうこと。見切れること。
裏(うら)
制作する時に表に入れるレベルには達してなかったり、時間の都合上でカットした部分
ウルサイ(うるさい)
背景がごちゃごちゃして被写体と、背景がアンバランス。または、ケンカしちゃってるときとかに使います。もしくは、 邪魔で、必要ないもの。
エアモニ(えあもに)
「エアーモニター」の略。撮影中の録音する装置。
AD (えーでぃー)
アシスタント・ディレクターの略。ディレクターの補佐。
AP (えーぴー)
アシスタント・プロデューサーの略。プロデューサーを補佐役。
NG(えぬじー)
「顔出しNG」「レンタルNG」「雑誌NG」「フェラNG」「放尿NG」など、やれないことややりたくない事を差してNGと呼んでます。
NG事項(えぬじーじこう)
やりたくない事の要望一覧をいいます。これが少ないと仕事の幅は広がります。
M男(えむお)
女性に責められることで興奮と快感を得られる性癖の男性のこと。
押す・押し気味(おす)
予定時刻より進行が遅れていること。
海綿(かいめん)
天然スポンジ。生理中の女性の膣内に入れて流血を防ぐ。
カウパー(かうぱー)
カウパー腺液。男性が性的興奮を感じた際に分泌されるねっとりとした無色透明な液体。
顔バレ(かおばれ)
知人などにビデオ出演が顔でバレてしまうこと。
かぶる
ライティングがうまくいかずに、映像・写真が赤や青っぽくなること。色かぶり。
カメアシ・CA(かめあし)
カメラマンのアシスタントさんの事
カラミ(からみ)
セックスのこと。
カラー・バー (からー・ばー:Color-Bar)
テスト画面として使用される画像。
顔騎(がんき)
仰向けになった男性の顔面に、陰部を押し付けるようにして女性がまたがること。正式には顔面騎乗という。
顔射(がんしゃ)
フィニッシュの時、精液を女性の顔にかけること。
カンパケ(かんぱけ)
「完全パッケージ」の略。出演者テロップや、オープニングからエンディングまで全て含まれた編集済テープのこと。
カンペ(かんぺ)
カンニングペーパーの略。セリフや次のアクションを紙などに書いて無言で内容を伝えること。
消えもの(きえもの)
食べ物、ジュースなど、消費してしまう小物。
企画(きかく)
複数の女優で1本の作品に出演するAV女優。顔出しNGでも大丈夫。名前も顔も大きく取り上げられることがない為バレにくい。素人モノなどが多い。
キカタン(きかたん)
企画女優でも名前と顔の知名度が上がって有名になると「キカタン」と呼ばれるようになり、ギャラが上昇する。
菊(きく)
肛門、アナルの事。
擬似(ぎじ)
モザイクなどを利用して、本番をしているように見せかけること。擬似本番、擬似フェラなど。
キモ男(きもだん)
ルックスが奇抜な男優。
ギャランティ(ぎゃらんてぃ)
出演料のこと。 ギャラ。
銀レフ(ぎんれふ)
銀色の拡散反射板。太陽光やライトを反射させ、補助光を得るために使う。
グリーンバック(ぐりーんぱっく)
緑色をした幕のこと。出演者の背景に、別映像を合成することができる。
クール(くーる)
1クールで3ケ月間の意味。タレント・モデル写真の使用期間。4クールで1年間使用という契約になる。
ケツカッチン(けつかっちん)
ケツ=終わり。時間がもうないという時に使う言葉。
ケツマスク(けつますく)
お尻の割れ目に顔面を埋めて舐めたりブルブル震わせたりする行為。
ケーブルテレビ局(けーぶるてれびきょく)
「CATV」(シー・エー・ティー・ブイ)ともいう。
ケラレる(けられる)
明るいとこから急にくらいところに来ると、カメラ映像の明るさが急に低下すること。スチール界では、フードによってストロボの光が影になることを指す場合もある。
ゲリラ(げりら)
撮影許可が出ていないのに、撮影を強行すること。
現スチ(げんすち)
現場での撮影風景をビデオ動画ではなくカメラで静止画撮影したもののこと。現場スチールの略。
現場(げんば)
撮影が行われる場所のこと、もしくは仕事そのもののことをこう呼びます。「明日、現場あるんだよね~」などと使います。
拘束(こうそく)
身体や身体の一部をロープなどで縛りつけるプレイ。
ごっくん
ロの中に発射した精液を女のコが飲む(飲ませる)こと。
個撮(こさつ)
個人撮影の略。1対1で撮影する事。
コンポジ
タレント・モデル個人の写真、名前、プロフなどが記入された用紙。宣伝材料。宣材。
ザーメン(ざーめん)
精液の呼び名の一種。
撮影会モデル(さつえいかいもでる)
アマチュアカメラマン向けに、撮影会を定期的に行っている企画会社があります。その時にモデルになるのが撮影会モデルです。最近は、ムービー用の撮影会もあるようです!
3大(さんだい)
「ゴム無し本番」「レイプ」「スカトロ」のことをこう呼びます。大抵のモデルさんは3大NGにしてますが3大もオッケイにすると仕事の幅が広がります。
自衣装(じいしょう)
衣装の用意が無い現場に出演してもいい私服で向うこと
潮吹く(しおふく)
性行為中に女性の膣周辺(尿道説と膣説がある)から何らかの分泌液(スキーン腺分泌液という説あり)が噴出する現象の事。スキーン腺はGスポットに存在し、女性の前立腺と呼ばれる。
自メイク(じめいく)
ヘアメイクさんの付かない現場に自分でメイクをして向う時に使われる
出演強要問題(しゅつえんきょうようもんだい)
契約をたてに女性がAV出演を強要される問題。大手AVプロダクションの社長が逮捕される事態に発展した。2016年にヒューマンライツ・ナウが調査報告書を公表して以降社会問題化、一般社団法人日本プロダクション協会(JPG)や第二プロダクション協会(SPA)等、健全なAV業界を目指す業界団体設立の契機となった。
汁(しる)
精液の呼び名の一種。
汁男優(しるだんゆう)
女優さんの顔や体に精液を発射するだけの素人男優のこと。基本的にセックスはしない。
尺(しゃく)
時間が足りない場合、「尺が足りない」という。
白カン(しろかん)
モザイクが入る前の状態で編集された映像の事。
白レフ(しろれふ)
白色のレフ。光をソフトに反射できる。
スカ(すか)
スカトロの略。正しくはスカトロジーと呼ぶ。うんこやおしっこ等の汚物を使った特殊なプレイ。
スタッフロール(すたっふろーる)
最初か最後に表示される、そのVにかかわった人名・企業名の一覧。
スチール(すちーる)
宣伝用写真。パッケージやポスター、雑誌などに使われる写真。
死ぬ・死んでいる(しぬ)
撮影機材が壊れること。もしくは、電源の入れ忘れの状態。
スバルビル前(すばるびるまえ)
新宿駅西口を出たところの映像関係者の集合場所のメッカ。スバビルと略することもある。
スライミー(すらいみー)
業界では誰もが知っている超有名ローション。渇きが遅く伸びがいいということで撮影に適しているといわれています。
セル(せる)
セルビデオの略。売るために制作されたビデオやDVD。対して貸すために制作されたものはレンタルビデオ。
背負う(せおう)
人物の後ろに背景を置くこと。
宣材・宣材写真(せおう)
プロダクションの営業マン用の宣伝材料、プロフィール付の写真。
素材(せおう)
撮影に使うテープ・フィルム・テロップなど。
第二プロダクション協会(だいにぷろだくしょんきょうかい)
略してSPA。一般社団法人日本プロダクション協会(JPG)と同じ理念・目標を共有しながらも、別団体として活動する業界団体。ホームページ等は存在しない。
タク送(たくそう)
深夜まで収録が続いたとき、タクシーで出演者を帰らせること。
起ち待ち(たちまち)
本番中に男優の性器が立たない時、勃起するまで待つこと。
たち役(たちやく)
レズビアンでの責めの方。男性役。
ダメ出し(だめだし)
出演者に対して、悪い点を指摘すること。
単体(たんたい)
アイドル級の美貌とスタイルを兼ね備えたAVスター。タレントクラスのギャラを貰える。蒼井そら、夏目なな、及川奈央など大物揃い。
着エロ(ちゃくえろ)
ギリギリの露出で表現する、服を着たままや手や物で隠したエロのこと。セミヌード、手ブラなど。
ちんぐり
ちんぐり返しの略。仰向けの状態で男性の両足を持ち上げて開脚させる羞恥スタイル。
つなぎ
手の空いた時に軽くつまめるように女優さんやスタッフに用意されたパンやおにぎり、ドリンクなどの軽食。
体(てい)
設定の状況。その状況の想定時に、「○○の体でいきましょう」みたく使ってます。
手コ男(てこだん)
手コキ男優のこと。
手タレ・足タレ(てたれ)
手・足の専門のパーツモデル。
D (でぃー)
ディレクターの略。
DVD(でぃーぶいでぃー)
映像と音声を記録するディスク。
デッド(でっど)
最終締め切りのこと。
てっぺん
深夜0時のこと。
テレコ(てれこ)
左右、上下、前後入れ替え。逆。反対。という意味。
テロップ(てろっぷ)
映像中の字幕のこと。
当日(とうじつ)
当日いきなり入る仕事。マネージャーさんから「今日当日あるけどどう?」などと声がかかればラッキー。
同人AV(どうじんえーぶい)
同じ趣味の仲間同士で製作されるAV。機材やスタジオなどは全て自前でそろえる。宣伝や集客、モデルの募集はツイッターなどのSNS、販売はFC2等のデジタルコンテンツマーケットで行われる。
ドタキャン(どたきゃん)
撮影を、開始直前になってキャンセルしたり、行方をくらましてしまうこと。土壇場でキャンセル。
とっぱらい
仕事をしたその日にその場でギャラが現金払いされること。
トップライト(とっぷらいと)
被写体の真上からの照明のこと。
飛ぶ(とぶ)
モデルさんが急に居なくなってしまうことを事務所やメーカーはこう呼んでます。もちろん一大事で現場は大混乱しますので絶対に飛んではいけません。
ドライリハ(どらいりは)
「ドライリハーサル」の略。カメラを回さずに実際の動きを練習すること。
何待ち?(なにまち?)
何が滞って、撮影を待たされているか?という意味。
なめる
被写体の前に何かを置いて撮影すること。
ならび
\333,333 のように、数字が並んだギャラのこと。税金込みのギャラが支払われる場合、受け取る側は、取得税の申告をしなければなりません。
ニコパチ(にこぱち)
カメラマンの専門用語の1つ。アイドルなどを撮影するときに、ニコッと笑ったところをパチッと撮影すること。実は特にひねりもない単純な略し方。
年確(ねんかく)
年齢確認。面接時や撮影契約時には必ず運転免許証やパスポートなどの顔写真が載っている身分証明書が必要。
中出し(なかだし)
膣内で射精する行為。正式には膣内射精という。
ねこ役(ねこやく)
レズビアンでの受けの方。女性役。
パイパン(ぱいぱん)
女性や男性の陰部に陰毛が全く、あるいはほとんど生えていない状態のこと、またはそのような女性や男性そのものを指す
パイズリ(ぱいずり)
乳房を使い男性のペニスを刺激する性行為である
バーター(ばーたー)
事務所側が、出演交渉において、新人タレントや、あまり人気のないタレントを、何とかして出演させるため、大物タレントや人気のあるタレントなど、抱き合わせて交渉を行うこと。
ハケる(はける)
画面に映っている人物が画面の外に出ること。
パブ(ぱぶ)
パブリシティーの略。プライバシーを守るための規制。友人や親にバレるのを避けるためにTV、新聞、広告、ネットなどの露出を制限することが出来る。
パブ全開(ぱぶぜんかい)
パブリシティーが全てOKの場合は「パブ全開」といわれる。
ばみテープ(ばみてーぷ)
「ばみる」ときに使うテープ。
ばみる(ばみる)
機器の位置や出演者の立ち位置を、テープで印をつけること。
ハメ(はめ)
セックスのこと。
ハメ(はめ)
セックスのこと。
ハメ管理(はめかんり)
プライベートで女優と寝ることによって情を感じさせ、仕事を継続させる為のヤらしい管理方法。別に騙されている訳ではない。
ハメ撮り(はめどり)
セックスをしながらその行為をハメている当人が撮影すること。
パラ(ぱら)
パラフィン紙
腹射(はらしゃ)
フィニッシュの時、精液を女性の腹に出すこと。
バラす(ばらす)
解散。終了。スケジュールを変更する。片付けるなど。様々な状況で使われる言葉。
バンス(ばんす)
アドバンスの略。事務所からお給料の前借りが出来るシステムのことで返済は大抵の場合、ギャラから差し引いてもらえます。
パンスチ(ぱんすち)
パンティスチールの略。パンツ一丁姿で写真を撮る事。例えるならブルセラショップで見る様な写真。「パンスチ撮らしてー」と言われたら、パンティ一丁でレンズに向かってお色気ポーズを決めよう♪
P (ぴー)
プロデューサーの略。
引き・引き気味(ひき)
寄りの逆で、被写体から離れて背景も含めて撮影すること
ぶっかけ
顔に精子をぶっかけること。
フィックス(ふぃっくす)
固定するという意味。固定カメラを「フィックス」と呼んだりする。「後半のセックスをフィックスで押さえといて」的な使い方をする。
V(ぶい)
「VTR」のこと。
美打ち(びうち)
撮影のセットなど、美術関係の打ち合わせをすること。
フカン(ふかん)
上から見下ろすようなカメラアングル。
ペニバン(ぺにばん)
ペニスバンド。女性が股間に装着して使うオトナのおもちゃ。
ベロ射(べろしゃ)
フィニッシュの時、精液を女性の舌に出すこと。
放送コード(ほうそうこーど)
言ってはいけない不適切な言葉や発言。
本イキ(ほんいき)
演技ではなく本気でイクこと。
本意気(ほんいき)
本気100%の意味。
本編集(ほんへんしゅう)
「荒編」で編集したものをさらに細かく編集すること。
前パラ(まえぱら)
照明の明かりを調節するためにかぶせる紙。
前ピン(まえぴん)
カメラの焦点が被写体より前に合っていること
巻き(まき)
予定通りに撮影が終わらないとき、それ以降の撮影を、急ぐこと。
まくら
撮影の際の「宿泊費」。
マスター(ますたー)
編集完了済の納品形態のテープやDVDのこと。オリジナルの意味も強い。
またイイコいたら連絡ください(またいいこいたられんらくください)
メーカーのキャスティング担当がダクションマネージャーと別れる時(電話を切るとき)に言う決まり文句。実際には連絡は来ない。それがオトナの世界。
またイイコいたら連絡します(またいいこいたられんらくします)
ダクションマネージャーがメーカーのキャスティング担当と別れる時(電話を切るとき)に言う決まり文句。実際には連絡はしない。それがオトナの世界。
見切れる(みきれる)
画面に入ってはいけないものが、映りこむこと。
輪姦す(まわす)
複数の男性が代わる代わるに1人の女性を強姦することを指す。 「輪姦(りんかん)」とも言われる。
股抜き(またぬき)
股の間から、結合部と顔面を同時に画面に収める最高のカメラアングル。このアングルがあるだけで売上が大幅に変わると言われている。
まんぐり
まんぐり返しの略。仰向けの状態で女性の両足を持ち上げて開脚させる羞恥スタイル。
マンション完備(まんしょんかんび)
遠方に住んでいる女性や1人暮らしをはじめたい女性のためにお店がマンションの1室を寮として用意してくれることを指す。
目線(めせん)
パッケージに使われる顔写真などの目の部分に修正を施して、知り合いにバレにくくする対処。
モトタン(もとたん)
元単体の略。事情があって単体を辞めるとモトタンと呼ばれるようになる。
寄り・より気味(より)
被写体に近づいて撮影する事。
ランスルー(らんするー)
本番と同じように、リハーサルすること。演技、照明など、すべて本番と同じよう
レフ板(れふばん)
屋外ロケをするときに、照明係がもつ反射板。
ロケハン(ろけはん)
ロケーションハンティングの略で、撮影前に現場を訪れ段取りを考えたり、周囲の状況を把握します。撮影許可が必要な所は、交渉したりします。
ロケ班(ろけはん)
撮影スタッフたち全体の事を指します。
ワイプ(わいぷ)
映像の片隅に、別の映像を重ねて表示すること。
ワイプアウト(わいぷあうと)
映像が、別の映像によって少しづつ、消されていくこと。
ワラう(わらう)
機材を片付けること。