AV女優募集・素人AVモデル募集・AV男優募集・AVプロダクション・AVメーカー・AVスカウトマン・撮影者・カメラマン・AV監督,AV業界求人掲示板 ログインしてください。

あばぶ avav.jp

広告主募集(468px×60px)

AV男優募集要項

AV男優大学に入学希望の方は、下記のAV男優募集要項を熟読の上、所定の形式の入学願書を提出してください。

入学者受け入れ方針
AV男優大学は、AVの継続的な発展と進化に貢献する豊かな人間性とエロを備えたAV男優の養成を目的としています。
ほとばしるような性欲とエロへの探求心をもってAVの発展に寄与することを希望する意欲あるAV男優を受け入れます。
なお、入学者の修得しておくべき内容や知識等の水準は下記の通りです。
〇AVを日常的に視聴し、その意義や目的をよく理解していること。
〇AV男優として必要な最低限度の容姿やスタイルを備えていること。
本学の教育方針
AV男優大学では、AVの仕組みと目的を理解し、そこから創出されるエロによって、人類の継続的な発展と幸福に貢献する、 人間性豊かなプロのAV男優を養成することを目的としています。この教育目標を達成するために、以下に示す方針に基づきカリキュラムを編成しています。
〇AV男優として活躍できる幅広い知識と技術を身につける。
〇AV男優を引退した後でも枯れることのない生命力を培う。
本学の特徴と卒業後の進路
AV男優はAV女優と異なり、需要は少ないにも関わらず、希望者が圧倒的に多いのが特徴です。 AV男優の実際の業務内容も知らず、単にAV女優とエッチなことがしたいという安易な気持ちで志望する者も少なくありません。 近年はスマートフォンなどの撮影機材の発達により、自分でAV作品を作るのも容易になりつつあります。 作品の中で、自らAV男優として出演することも可能です。 本学は、プロのAV男優の養成、特に自らAV男優の需要を創出できる人材の育成に力を入れています。 本学の課程の中で、AV男優の世界の楽しさばかりではなく、むしろ厳しさを思い知ることになるでしょう。 逃げ出したくなることもあるでしょうが、AV男優になるということは、生物としての繁殖力と生命力を培う過程でもあるのです。
募集定員と応募資格
各学科(学科の種類はAV男優のお仕事を参照) 募集定員 10名
応募資格 AV男優適正診断で70点以上。18歳以上30歳以下。※要身分証明書

入学後の流れ

オリエンテーション

AV男優大学の履修過程の説明をします。全てオンラインでのやりとりとなります。 適正がないと判断された場合は、この段階で入学が取消となる可能性もあります。

学科と実践

各自与えられた課題に関するレポートを日々ブログやツイッターにつづってもらいます。 動画に関する感想など地味な作業がメインで、AV女優とのエッチは一切ありません。

学位授与

ある程度レポートがたまった時点で、AV男優の学位が授与されます。 賞状は発行されませんが、あばぶ会員であれば「AV男優大学卒業」の印がプロフィールにつきます。

よくあるご質問

Q

入学金と授業料はいくらですか?

A

入学金と授業料もすべて無料です。本学は、スポンサーからの広告収入で運営しております。※スポンサー募集中。

Q

途中で退学出来ますか?

A

いつでも退学出来ますが、あばぶ会員の場合は、「AV男優大学中退」の印がつきます。

Q

デブやおっさんでも入学出来ますか?

A

はい、容姿や体型は不問です。ただし、期待しているようなエッチなことはできませんのでご注意ください。

Q

AV男優大学卒業の肩書は就職に役立ちますか?

A

全く役立たないと思います。特にAV業界以外の企業に就職する際は、むしろ隠したほうが得策です。

Q

単にAV女優とエッチがしたいだけですが、大丈夫ですか?

A

志望動機は不純でも構いませんが、AV女優とのエッチはできないと考えておいてください。

Q

地方在住ですが、大丈夫ですか?

A

はい、学科や講義は全てオンラインで行いますので、PCやスマホがあれば、どこにいても大丈夫です。

Q

AV男優になるためには、AV男優大学を卒業する必要がありますか?

A

そんなことは全くありません。自身でメーカーに売り込むことでAV男優になれる可能性はあります。

Q

学科というのは具体的に何ですか?

A

与えられた課題について、日々ブログやツイッターでつづるだけの非常に地味な作業です。

Q

AV男優大学に入ると何のメリットがあるのですか?

A

強いて言えば、ブログやツイッターがあばぶで紹介されるため、アクセスが増える可能性があります。

Q

AV女優とエッチはできますか?

A

出来ません。そういうことを期待している方は、決して願書を提出しないよう、お願いします。